周辺ガイド 最上町紹介

最上町紹介

最上町を空から見る!
周辺ガイド 最上町紹介
周辺ガイド 最上町紹介
赤倉温泉

赤倉温泉の始まりは、貞観五年、諸国行脚中の慈覚大師が発見した小国川の熱泉であると伝えられています。
周辺には、奥の細道ゆかりの地である封人の家や山刀伐峠をはじめ、最上三十三観音のひとつに数えられる馬頭観音など、名所・旧跡も数多く残されています。
周辺ガイド 最上町紹介
瀬見温泉

小国川の左岸に開けた静かなたたずまいの温泉。
源頼朝の追っ手を逃れて平泉をめざしていた義経一行が発見したという伝説が語り継がれています。
古くから新庄の奥座敷としてにぎわってきた瀬見温泉には、懐かしさを感じさせる風情とぬくもりがあふれています。
周辺ガイド 最上町紹介
封人の家

旧有路家住宅は、昭和44年12月18日、山形県東部 に古くから見られた茅葺き、寄棟造り、広間型民家の好 例として、重要文化財に指定された最上町有の建造物。
この住宅は、松尾芭蕉が「おくのほそ道」に記した、堺田のいわゆる"封人の家"と見なされてい る。元禄2年(1689)5月芭蕉は2泊3日にわたって"封人の家"に逗留し、その時の印象を「蚤 虱馬の尿する枕もと」の句で表現した。
周辺ガイド 最上町紹介
前森高原

広い広い牧場です。
開放的な風景が広がっています。

乗馬や陶芸、そば打ち体験等が楽しめます。
周辺ガイド 最上町紹介
赤倉温泉スキー場

上級・中級者専用コースとして、海和バレー、国体コース、中級初級者用として、中央ゲレンデ、ファミリーゲレンデがあります。
周辺ガイド 最上町紹介

TOP